しばきじっこ

柴犬と猫と3才1才息子の育児漫画ブログ

スポンサーリンク

【月経カップ】ローズカップ、スクーンカップ、購入前の比較ポイント

【2017/9/11 追記しました

こんにちは、nanpooです。

今回は女性向け生理用品の話です。ご注意ください。

 

『月経カップ』ってご存知ですか?

シリコン製のカップを体内に挿入し、経血を受け止めるタイプの生理用品です。

従来のナプキンやタンポンに代わる第三の生理用品と言われ、主にネット上では静かなブームとなっています。

  • 慣れれば快適
  • 生理時も温泉やプールに入れる
  • 使い捨てではないのでエコ

などなど、調べれば調べるほどとても便利そう。

 

そんな月経カップ、私も導入したい!

そう考え始めて早ひと月。

数ある月経カップの中から候補を2つまで絞りました。

ローズカップスクーンカップです。

 

月経カップを試してみたい!でも予算的に一つしか買えない!

そんな私が、実際の商品を購入する前に参考にした情報を個人的に比較し、まとめたものです。

  • 2017年9月6日時点の情報です。
  • 実際の使用感についての情報はありません。
  • 4,000字以上ありますので目次ご活用ください。

月経カップとは

こちらのサイトの説明漫画がとてもわかりやすかったので、この記事内での説明は割愛させて頂きます。

howto.maromaga.com

今回選んだ2つの月経カップ

ローズカップ(ROSE CUP)

f:id:nanpoo803:20170904143104j:plain
https://www.rosecup.jp/より引用

  • 初の純日本製、月経カップ
  • 2017年7月に発売されたばかり
  • 公式サイト(https://www.rosecup.jp/

スクーンカップ(Sckoon Cup)

f:id:nanpoo803:20170904151323j:plain
https://www.rakuten.co.jp/sckooncup/より引用

  • 米国製(日米の薬事法をクリア済み)
  • 日本では医薬品医療機器法に基づいて販売を開始した最初の月経カップ
  • 公式サイト(http://www.sckooncup.jp/

ローズカップのインタビューに登場されている宋美玄(そん・みひょん)先生も、数年前スクーンカップを実際に使用していたそうなので安心感があります。

ameblo.jp

※ この他にも、ディーバカップ、フルールカップ、ムーンカップなど、海外製の月経カップは数多くありますがこの記事内では取り扱いません。

この2つに絞った理由

  • 日本語取扱説明書WEBサイトがあること。

月経カップは主に海外で製造されていたもののため、以前は個人輸入でしか入手できず、取扱説明書なども全て英語でした。

ローズカップは日本製のため元々日本語。

スクーンカップは米国製ですが日本にも販売拠点があり、日本語の説明書、日本語の公式サイトがあります。問い合わせも日本語でOK。

スペック比較

価格(本体代金+送料)

ローズカップ

  • 6,440円
    (税込 5,940円+送料 500円)

スクーンカップ

  • 5,370円
    (税込 5,370円+送料 0円(定型外、普通郵便))

ローズカップは送料が全国一律500円がかかりますので、現時点の価格では1,070円の差があります。

送料無料のスクーンカップも代引きの場合は追加で530円が必要。

ちなみに使い捨て紙ナプキンは1パック約300円で安価ですが、月経カップは数年~10年程度はもつそうなので、長い目で見れば十分元が取れるそう。

購入できるネットショップ

ローズカップ

スクーンカップ

現時点で確認できたのは以上のサイト。

スクーンカップは取扱ネットショップが多く、よく利用するショップのポイントを利用して買い物できたり、既に購入した人のレビューを確認できるのが魅力的。

楽天のみ、価格が200円程度高い。

Amazonレビューは既に100件以上あり、かなり参考になります。

サイズ展開

ローズカップ

  • 1種類

スクーンカップ

  • 2種類(サイズ1、サイズ2)

f:id:nanpoo803:20170904162405j:plain

https://www.rosecup.jp/http://www.sckooncup.jp/より引用

スクーンカップのサイズは2種類。価格は同じ。

  • サイズ1(未経産婦、帝王切開経験者、性経験のない人、経血量の少ない人向け)
  • サイズ2(経産婦(帝王切開以外)、経血量の多い人向け)

ローズカップは日本人女性の体型に合わせ、海外の一般的なサイズよりひとまわり小さめに形成されているとのこと。

容量

ローズカップ

  • 18ml

スクーンカップ

  • 23ml(サイズ1)
  • 30ml(サイズ2)

f:id:nanpoo803:20170902144239j:plain

スクーンカップの方が容量は多め。

羽の有無

ローズカップ

  • あり

スクーンカップ

  • なし

『羽』とはこの部分のこと。

f:id:nanpoo803:20170902121839j:plain
https://www.rosecup.jp/より引用

ローズカップについています。

脱着する時にカップから経血が漏れないようにする役割。

経血を捨てやすくするために、羽にくぼみが作ってあります。

この部分がある分、容量が控えめ?

スクーンカップは羽の代わりにフチ部分のシリコンがやや肉厚になっている印象を受けます。

交換推奨時間

  • 最長12時間

公式サイトではローズカップスクーンカップ共に最長12時間という表記。

ただ生理2日目など多い日は3~5時間毎に交換しないとやはり漏れることもあるそう。(個人差あり。)

容量が少なめなのでローズカップの方がすぐにいっぱいになりやすい模様。

カラーバリエーション

ローズカップ

  • 1色(ピンク)

スクーンカップ

  • 8色(緑、水色、紫、黄、赤、青、ピンク、透明)

f:id:nanpoo803:20170902131600j:plain
http://www.sckooncup.jp/より引用

ローズカップは不透明のピンク一色。

スクーンカップは透明感のある豊富なカラーバリエーション展開。

色の名前が「ハーモニー」(緑色)、「ZEN」(紫)、「クラリティ」(透明)といったお洒落な名前がついており、名前で色が判別しにくいため、写真の色を見た方がわかりやすいかと思います。

付属品

ローズカップ

  • 本体
  • 収納ケース(シリコン製)
  • ビニール手袋 5枚
  • 取り扱い説明書

    f:id:nanpoo803:20170902145123j:plain
    https://www.rosecup.jp/より引用

スクーンカップ

  • 本体
  • 収納ケース(オーガニックコットンポーチ)
  • 取り扱い説明書(日本語)
    f:id:nanpoo803:20170911143718j:plain

主な違いは収納ケース。

  • ローズカップ四角い箱型のシリコンケース
    経血のついたカップをカバンに入れて持ち運ぶことができるようになっている。通気穴あり。
  • スクーンカップオーガニックコットン製の巾着タイプ。
    通気性が良いのでシリコンへのカビの発生を抑えやすい。主に月経が来る前の保管用の用途が考えられる。布のプリント柄は在庫状況により異なる。

外出中に使用済みの月経カップを外して持ち歩くかどうかのニーズによりケースの必要性が変わってきそう。

スペアなし、月経カップ1個のみの運用でも、経血を捨てて軽く水洗いするか、ウェットティッシュで拭けば再装着できるので、使用済み月経カップを持ち歩かずに運用することは可能とのこと。

また、ローズカップ付属のビニール手袋5枚は外出中の交換時に便利そうなアイテム。

シリコンについて

ローズカップ

  • 素材はアメリカの品質基準をクリアしたFDA登録のシリコンと着色料を使用
  • シリコンのべたつきを極力押さえ、静電気も発生しづらくホコリも付きにくいスベスベの滑らかな質感

スクーンカップ

  • 量の多い日も安心のスーパーソフトな月経カップ
  • 外科手術などに使われる医療用グレードシリコーン
  • 素材も色素もすべてバイオテスト済み(米国薬事法認証番号K120107)

今までスクーンカップを使っていた方がローズカップを使用してみたレビューを拝見したところ、ローズカップの方が質感は柔らかい模様。

minimote.hateblo.jp

スクーンカップのシリコンも十分柔らかいそうで、公式サイトやYouTubeで見れる動画や写真で見る限り、十分ぷにぷにしています。これは実際手に取ってみないと違いはわかりづらそう。

f:id:nanpoo803:20170904153257j:plain
https://www.rakuten.co.jp/sckooncup/より引用

目盛りの有無

ローズカップ

  • あり

スクーンカップ

  • なし

f:id:nanpoo803:20170902122609j:plain
https://www.rosecup.jp/より引用

ローズカップのみあり。

カップ内側に7.5ml15mlの印字がある。経血量を把握する点であると便利そう。

まとめ

繰り返し使えてエコとはいえ、単価がそれなりにするので、初めての購入に慎重になると思われる月経カップ。

「あなたが何を最重視するか」で購入したいと思う商品が変わってくるのでは、と感じました。

製造国? 容量? 価格?など、重要視したい点は人それぞれ。

どちらも真剣に考えて作られている熱意がひしひしと伝わってくるので、どちらを購入するかとても悩みました。

私が今回購入したのは

今回、私が始めての月経カップとして選んだのはスクーンカップです。

決め手は、価格と、大容量な点。

ローズカップも、純国産、柔らかいすべすべシリコン、目盛り、しっかりしたケースなど魅力的で本当に捨てがたかったです。

ただ、多い日に漏れたら困るな…というのと、普通分娩(経膣分娩)による出産経験がある経産婦であることから、大きめサイズのあるスクーンカップを選びました。

実際の使用感は何度か試してからじっくり書いてみたいと思います。

以上、月経カップ購入でお悩みの方の参考になりましたら幸いです。

追記・実物が届きました

スクーンカップの実物が届きましたので追記します。

f:id:nanpoo803:20170911143707j:plain

普通郵便で発送、と書かれていましたが、配達記録のつく『クリックポスト』でした。発送時にもクリックポストの受付番号をメールしてくれますので、配送状況を郵便局のサイトから確認できます。配送方法としては結構安心感あり。

A5サイズの封筒に『内容品:シリコンカップ』という表記でポスト投函されます。

ご家族に見つかりたくないときは…配達されそうな日に自宅ポストで待機するしかないかも。

 

封筒の中にはビニールで密封されたスクーンカップのパッケージが入っています。

パッケージ上部をハサミで切れば、ジップロックみたいなものがついていますので、以後の袋の開け閉めは自由。

色はクラリティ(透明)、サイズ2(経産婦向け)にしました。透明なカップで経血の色がわかった方がいいのかなと思いまして。

ランダムだったオーガニックコットンポーチの柄は、かわいめのピンクの花柄。

 

とりあえず実物を手にとって気になった点など。

  • フチは結構肉厚で弾力が強い。その分漏れなさに期待したい。
  • シリコンはホコリがつきやすい。(これはおそらくローズカップのサラサラシリコンの方が良さそう。)

サイズ2(大きい方)を購入しましたが、実物を折ってみたりして触ってみて、まぁ入るんじゃないかなぁと思うサイズ。拡大写真をネットで見まくっていたせいか、実物ちっさい!と思ったぐらい。人によっては大きく感じるかも?

試しにぷにぷに触りまくってたらさっそく猫毛がつきまくりました…。ペット飼いの皆様ご注意ください。水で洗えばすぐキレイになります。

フチは肉厚で硬めではあるけど、それ以外の薄いカップ部分はやわらかいです。

生理じゃないときに入れようとすると痛いらしいので、大人しく次回生理時にチャレンジしてみます…。