しばきじっこ

柴犬と猫と2才1才息子の育児漫画ブログ

スポンサーリンク

突発性発疹の7日間を振り返る

こんにちは、nanpooです。

約一か月前、生後10ヶ月だった次男が突発性発疹(とっぱつせいほっしん)にかかった際の記録をメモ代わりに残しておきます。

主にまだ突発性発疹を経験してない赤ちゃんがいる方へ向けたレポです。

突発性発疹とは

  • おおむね生後6ヶ月以降の赤ちゃん
  • 39度程度の高熱を出す
  • 鼻水、咳などの風邪の症状は見受けられない

このような症状がある場合は突発性発疹である可能性が高いです。

病名が断定できないのは、熱が下がってからでないと身体に赤い発疹が出ないから。

通常、3〜4日高熱が続いたあとに平熱になり、そのとき初めて発疹が出るため、ようやくこのタイミングで病名がはっきりします。 

ちなみに生後6ヶ月過ぎてもかからない子はかかりません。

 

私は以前に長男が同じような月齢のころ、突発性発疹にかかっていたので比較的冷静に「あーこれは多分突発だなー」とおおまかに判断していました。

…が、長男のときは初めて原因不明の高熱を出したのでびびったのを覚えています。

1日目(発熱)

  • 夜間授乳で身体を触ったら熱い。熱ありそう。
  • 朝起きてから検温、39.3度
  • 多分突発性発疹だろうと考え、病院に行くか悩んだものの行く。

なぜ病院に行くか悩むのかというと、突発性発疹に薬などはないからです。

出ても熱冷ましの坐薬ぐらい。熱が出ている間はひたすら耐えるしかありません。

でも突発性発疹ではない場合もあるので、念のためかかりつけの小児科で診てもらうことにしました。

f:id:nanpoo803:20170407122724j:plain

おっぱい体温計状態。

  • 病院で検温、39.9度
  • 念のため採血して検査。
  • 採血の結果、他に異常なさそうなのでおそらく突発性発疹でしょうとの見解。
  • 熱冷ましの坐薬も長男の分のストックがある旨を伝えたら薬はとくに何も処方されず、診察のみで終了。

大体予想通りでした。

でも血液検査で他の病気である可能性が低いことは判明したのでちょっと安心。

 

さて、この高熱時の次男の様子ですが、

  • 高熱で身体がしんどそう。
  • 眠そうなのに上手く眠りにつけなくて泣く。
  • 寝てもうなされてすぐ起きる。
  • 超グズグズ状態。

…とまぁ、こんな状態でなかなか可哀想でした。これも試練だ…。

離乳食は普段1日3回食べていましたが、朝にパン粥は食べて、昼夜は食べず。水分補給も兼ねておっぱいを普段より多めにあげていました。

f:id:nanpoo803:20170407122923j:plain

泣きすぎて声がガラガラになってしまった。

 

赤ちゃんは産まれてからしばらくは、お腹の中にいた頃にお母さんからもらった免疫で病気はしにくいと言われています。それが生後半年ほどで徐々に免疫がなくなってきて、初めての発熱が突発性発疹なことは結構よくあることなんだそうです。

もう赤ちゃんじゃなくなってきてるんだなーと思うとちょっと寂しいような気持ちにもなります。

2日目(離乳食拒否)

  • 熱は下がらず、39度台。
  • 離乳食1回も食べず
  • 新生児並みにおっぱい頻回授乳。
  • 熱さましの坐薬を使い切る。

f:id:nanpoo803:20170407123106j:plain

ついに離乳食、断固拒否です。

好物のパン粥でも、バナナでも、うどんでも全然口が開かなくなりました。かろうじて口に入れても舌でべーっと押し返してきます。

もう病気の間は無理せず大好きなおっぱいだけ飲んで生きるがいいよ!と、ほぼ2時間毎におっぱいを好きなだけ飲ませる方針に。

当時は離乳食が進んで授乳間隔が6時間ぐらい開いても大丈夫になっていたけれど、こんなときは仕方ない。

相変わらず高熱でうなされてご機嫌はナナメ。

f:id:nanpoo803:20170407123155j:plain

眠りが浅く、布ずれのかすかな音でもすぐに起きてしまっていました。

そんなことはお構いなしに、寝てる次男の上で毛布モミモミを始めるくるみさん。(猫)

今はやめてください…。

3日目(熱下がらず)

  • 熱は39度から下がらず。
  • 連日おっぱいばかり飲んでいたためうんちがゆるくなる。
  • ゆるくなりすぎて何度か漏らす。
  • 離乳食はちょっとだけ口をあけるようになる。

熱でうなされることに加え、栄養源がほぼ母乳100%に戻ったせいでお腹がゆるゆるになってしまい、数時間おきに水っぽいうんちを漏らす。たびたびするもんだからお尻も痛そうで可哀想だった。

f:id:nanpoo803:20170407123501j:plain

おんぶ中に背中漏れ大惨事。

 

このあと次男を抱えたままトイレへ行く私であった。

細切れ睡眠で次男も眠そうだけど私も眠かった…。

4日目(熱下がる)

  • ようやく熱が下がってくる
  • 寝付きや機嫌も徐々に良くなっていく。
  • お腹は相変わらずゆるめ。
  • 授乳頻度が上がったため短時間でおっぱいが張るようになって痛い。

f:id:nanpoo803:20170407123635j:plain

まだ本調子ではないけど熱が下がり始め、しばらく見なかった笑顔を少しずつ見せてくれるようになる。良かったね!

ここ数日、おっぱい生産工場がフル稼働状態だったので生産過多状態になり、私は新生児期並みにおっぱいが張って大変でした…。

5日目(発疹が出る)

  • 平熱に戻る。
  • 赤い発疹が出てくる!
  • まだ本調子ではないのでご機嫌は悪め。
  • お腹もまだゆるい。
  • 離乳食は食べたり食べなかったり。

f:id:nanpoo803:20170407123753j:plain

ここでついに赤い発疹が出始めました。体幹の部分に出やすいそうで、背中やお腹に赤いポツポツが現れ、顔などには出ませんでした。(長男のときは顔にも出た。)

というわけで突発性発疹で間違いありませんでした。

6日目(発疹まだある)

  • 平熱。割と元気。
  • 赤い発疹は相変わらず出たまま。
  • 離乳食を3回食に戻す。

口をあけてちゃんと食べてくれるようになってきたので離乳食を3回食に戻しました。だいぶ元気になってきました。

下し気味だったお腹もどうやらおさまってきたようでこの日はうんち出ず。

7日目(発疹がうすくなる)

  • 赤い発疹うすくなってくる

赤い発疹が身体に出ている以外はすっかりいつも通り元気になってきましたが、その発疹もだいぶ色がうすくなってきました。

その後数日で赤い発疹は完全に消えて、治ったという流れになります。お疲れ様でした。

まとめ

以上、突発性発疹の7日間振り返りでした。

長男がかかったときは熱も二晩ぐらいであっさり下がって、たいしてぐずりもせずケロッとしていた記憶があるので兄弟で個人差もあるのかなーと思いました。

今回は高熱が3日以上続いてグズグズ祭りでした…。

もう家事は必要最低限にして、なるべく添い寝してあげて、眠りが浅くてすぐ目覚めたときにサッと添い乳でまた入眠できるような形にしていました。まぁこんなときぐらいは!

 

ちなみに2歳半の長男は日中ばーちゃんちに預けていたので、私は次男の看病に専念することができました。

お義母さん、いつものことながら本当にありがとうございます。

 

そんなわけで今はすっかり元気です。ではまた!