しばきじっこ

柴犬と猫と3才1才息子の育児漫画ブログ

スポンサーリンク

【育児漫画】2歳、0歳と帰りの飛行機(4)~着陸(完結)~

こんにちは、nanpooです。
母1人、子2人(2歳、0歳5カ月)で飛行機に乗った話の4話目。ようやく最終回。

最初から読む方は以下からどうぞ。

【育児漫画】2歳、0歳と帰りの飛行機(1)

【育児漫画】2歳、0歳と帰りの飛行機(2)~高度1万メートルのおむつ交換~ 

【育児漫画】2歳、0歳と帰りの飛行機(3)~スッチーと二人っきり~ 

 

f:id:nanpoo803:20161205143749j:plainf:id:nanpoo803:20161205143755j:plainf:id:nanpoo803:20161205143804j:plain

12kg(2歳)と、8kg(0歳5カ月)と、背中にリュック。重い…。
飛行機降りてからは長男も起きて、ちゃんと自分の足で歩いてくれたので助かりました。

ようやく子連れ飛行機漫画、これにてとりあえず完結です。
大したことない話なのに全4回で1ヶ月以上かかってて、申し訳ないやら、情けないやら!

今寝るんかーい!

ほんまそれ。
どっちか片方でも機内で寝てくれたらとても助かるのになぁと思っていたら、よりによって着陸10分前に寝てくれたお兄ちゃんです。
そして着陸時、けっこう揺れる上、すごい音がするのに全然起きない!
正直に「こ、こいつすげぇ!」とある意味感動した母です。
でも行きの飛行機での着陸まで号泣騒ぎに比べたらもう全然いいよね。

ちなみに高度が下がってくると、気圧の変化で泣き出してしまうお子さんが結構いらっしゃいます。(大人でも痛いときがある。)
うちの子たちはどうやら行きも帰りも大丈夫だったようで、二人ともケロッとしてました。
子供に耳抜きのやり方説明するの難しそうですよね。もどかしい…。

航空会社の皆様に感謝

今回は行き帰り共にANAにお世話になりました。
子連れの優先搭乗や、おもちゃやジュースの配布、そして今回は子守までさせてしまった客室乗務員の皆様、本当にありがとうございました。
着陸後も子供2人だっこでヒィヒィしてたら機内出口までおみやげ袋を持ってくれたりしました。

じぃじ、ばぁばとのお別れ

少し時系列は戻りまして、離陸前の羽田空港にて。

いい年した大人が恥ずかしいのですが、見送りに来てくれた父と母(子供達にとっては、じぃじ、ばぁば)の前で少し涙ぐんでしまいました。

 

保安検査場を通る際、約3週間いっしょだったじぃじ、ばぁばともいよいよお別れ。

それまでじぃじにずっと抱っこしてもらっていた2歳長男は素直に抱っこから降りて、私の方についてきてくれて、じぃじたちに「バイバーイ」って、笑顔で手を振ってくれました。

途中で、「あれ?じぃじたちはついてこないの?」という表情で振り向いたりもしていましたが。 

f:id:nanpoo803:20161207134420j:plain

そんな長男の姿を見ていたら、なんだかいろんな想いがこみ上げてきてしまい、目が潤んできてしまっていたけれど、両親に心配もかけたくない思いから、私は振り返らずに保安検査場の先の方に視線をやるようにしていました。

 

行きも帰りも車で空港まで送り迎えしてもらったり。

実家滞在中はずっと孫を可愛がってくれたり。

おもちゃや子供服を買ってもらったり。

いろいろな場所へ遊びに連れて行ってくれたり。

たくさん時間やお金も使わせてしまいました。

 

こんなにたくさんのことをしてもらっているのに、私は両親に少しでも親孝行ができているのだろうか。

そして次はいつ帰れるかもわからないのが少し寂しくて、後ろ髪をひかれる思いにもなりました。

遠方に嫁に行った以上、仕方のないことだというのは頭の中ではわかっているつもりなのですが。

 

私の父も涙もろい人なので、もしかしたら父も泣いていたかもしれません。(見てないけど。)

子供たちがもう少し成長して、言葉も上手になって、「帰りたくない!」と言った日には号泣してしまうのではないかしら。

鹿児島空港にて

さて離陸前のそんな湿っぽい空気は、飛行機乗ったあとのてんやわんや具合ですっかり吹き飛んで行きました。
(詳しくは過去記事の漫画(1)~(3)で書いてある通りだよ…)

無事に鹿児島空港に着陸し、手荷物受取場に着いたら、ガラスごしの隣のロビーでお迎えに来てくれたばーちゃん(義母)とパパが待っていてくれました。
ばーちゃんの顔を見つけた途端、喜んでばーちゃんの胸にダイブしていった長男。
3週間ぶりの孫に会えて嬉しかったのはお義母さんも同じだったみたい。


そして手荷物を無事に受け取り、大急ぎでベビー休憩室へ直行し、なんとか次男の服を着替えさせることに成功して帰路につくのでした。

じぃじとテレビ電話

 鹿児島の自宅に帰宅した後も長男の「じぃじ!じぃじ!」コールは止まりませんでした。毎日じぃじじぃじ言ってたもんな!
「じぃじ!いないー?」と、気づけば二語文も出ていたのねアナタ…。

ちょうど父がスマホをiPhoneに買い替えていたので、私のiPhoneとFaceTime(テレビ電話)してみたら、長男、超ハッスルして喜んでました。
そしてテレビ電話ごしだと興奮のあまり、ニコニコするだけで全然しゃべってくれないという。(笑)
画面ごしのじぃじ、ばぁばもまんざらでもなく喜んでくれたように思います。
スカイプやLINEのテレビ電話機能でもいいけど、遠方に住んでるとテレビ電話便利ですね。
Wi-Fi環境ならタダなので今後も活用していきたいなーと思いました。

長くなりましたがこんな感じでおしまいです。

----------------------------------

■1日1回クリックしていただけますと大変励みになります!

にほんブログ村

人気ブログランキング