しばきじっこ

柴犬と猫と2才1才息子の育児漫画ブログ

スポンサーリンク

産まれました!

本日5/4 午前10時半ごろ、無事に第二子の男の子を出産しました!
予定日まであと2週間あったので油断してました…。
おかげさまで母子共に元気です。
 
前回の妊婦健診が2日前の5/2で、子宮口もまだ1cmだし、赤ちゃんもまだ上の方にいそうだねーって話だったのですが、その翌日の朝からなーんか不規則なジワジワ痛が始まりました。
 
陣痛にしては弱いし、激痛じゃないから我慢できるレベルだなぁーぐらいに思ってたら、いつの間にか全然痛くなくなってしまったので5/3はそのまま普通に生活して、普通に就寝。
 
当日、5/4の朝4時にトイレで目が覚めるものの腹痛はなく、用を済ませてさっさとまた就寝。
その後、朝6時ぐらいに昨日のようなジワジワ痛で目が覚める。
おぉ?これは割と定期的なのではなかろうか!?
 
柴犬の朝散歩に行くか悩んだものの、旦那もまだ寝てるし、歩けないほどの痛みじゃなかったのでささっと短距離コースで行ってきました。痛みの波が来てるときは止まればよいのだ!
 
散歩から戻って、長男くんがまだ寝てる間に自分の朝ごはんをさっと菓子パンとカフェインレスコーヒーで済ます。
うーん、痛みの波は止まらずに来てる。
 
これはやはり本陣痛かなということで病院に電話して向かうことに。
このとき既に間隔が5分ぐらい。
ちょうど長男くん(1歳)も起きてきたので着替えだけ済ませて、病院へ向かう途中、ばーちゃんちに預けました。
 
病院着いて病衣に着替えたらもうそのまま分娩室へ。
えっ、ちょ、早い!w
内診したら子宮口すでに7cm開いてたそうで「お家でよくがんばったね」と助産師さんに言われました。
 
どうやら陣痛が少々弱いらしく(だから耐えられたんじゃなかろうか)
「よーし陣痛早めちゃおうねー」
と、助産師さんにむっちゃぐりぐりされ、むっちゃ痛い陣痛来る。そして破水。
 
約1年8ヶ月ぶり、2度目の出産とはいえ、もう痛みなんてすっかり忘れてたけどやっぱり超痛い。
 
もうあとは助産師さんの助言通り、呼吸したり、身体を動かしたり、痛みに悶えながらで言われた通りに動けなかったりなどを繰り返しつつ(身体まっすぐにして!背中ぴったりくっつけて!等の簡単なことができない)なんとか子宮口全開に。痛い。
 
ここらで産婦人科医の院長先生登場。
今日は祝日で外来診察がないのでいつもより余裕があって元気そう。
 
先生が来てからもやることはほぼ変わらず、陣痛がきたら上手に力入れてー!をひたすら繰り返す。この「上手に」いきむのがなかなか難しい。
何度かやって上手にできたときはやたら褒められる。
痛いです。余裕ないです。汗だくです。
 
そして病院着いてから約1時間半。
頭が出たーーー!!らしいけど、自分の腹などが邪魔で全然見えない。
でも股にすごい挟まってる感がある。痛い。
 
「あとは先生が引っ張り出すから力入れなくていいよー」
って、その間も何か巨大なものが股に挟まってる感が猛烈に痛い。むしろ力が抜けないw
 
その後、間もなく先生が赤ちゃんを無事取り出してくれてようやく陣痛の痛みから解放される。すごいスッキリ感!
産声も元気に「オギャー!」と、あげてくれました。
長男くんのときとは声の質が違う感じで面白いなぁ。
 
終わってみれば1時間半のスピード出産だったのですが、やっぱり出産の激痛は激痛に変わりなかった、という感想です。
でも痛い時間を最低限にしてくれたいい子だなぁと思います。
 
お産の流れも長男くんのときとは所々違ってたりで出産の奥深さを感じる1日でもありました。
 
今日はゆっくり休んで、明日から授乳開始予定なので頑張ります!
 
f:id:nanpoo803:20160504195616j:image
お兄ちゃんになった長男くん
-----------------------------------
■ランキング参加中■ クリックしていただけますと大変励みになります!

にほんブログ村 マタニティーブログへ